May 5, 2007 | 19:05  |  ,  | Comments(2)

運命じゃない人

公開時にタイトルにひかれて観に行きたいなぁと思ってましたが、やっと観ることができました。タイトル以外なにも知らずに観たのですが、恋愛映画かと思いきや思わぬ展開でとても楽しめました。 運命じゃない人
婚約者と別れたばかりの真紀ちゃんが日本一いい人な宮田くんと出会う第1話、宮田くんの親友で私立探偵の神田くんがえらい目に合う第2話、やくざの組長浅井さんの第3話と、時間を前後させたりそれぞれの視点から見せることで「なるほどねぇ」となるお話です。
こういう時系列をいじくった作品は「パルプフィクションみたいで見飽きた」なんていう意見をどこかで拝見しましたが、時系列いじくりカテゴリってことでいいのではないかと思います。それに、視点が変わることで人の印象がものすごく違って見えるのがおもしろかったです(特に組長)。あ、宮田君だけは最初から最後までひたすらいい人でしたが。

キャスト陣はわたしは誰ひとり知らなかったのですが、みんな演技が上手で良い味出てたと思いました。特にわたしは、神田くんと組長にはまりました。組長は山本譲二みたいだったなぁ。こわそうに見えるけど意外にまぬけで、でもやっぱりしめるとこはきっちりしめててちょっと格好良かったです。捨てぜりふみたいな「あっそ」も良かったです。
前半は名言なセリフがたくさんあったと思います。婚約解消した真紀ちゃんの「自分のしあわせを他人に託すからこんなことになるんだ」とか、恋にのんきすぎる宮田くんを説教する神田くんのセリフは、すごく笑えたし妙に納得させられてしまいました。「30過ぎたら自然な出会いなんかないんだからな。クラス替えとか学園祭とかないんだからな」とか。

時間が行ったり来たりするのでそれを説明するための映像が多用されていますが、ちょっとわかりやすすぎて単純な印象がありました。もうちょっと余白があって、勝手に想像してにんまりする楽しみが欲しかったかも。
ともあれ日々自分の気づかないうちに、自分のまわりでこんなドラマが繰り広げられているとしたらこわいなぁ。

Respons to "運命じゃない人" (2)

okamoto | March 12, 2009 13:38

こんにちは
大分前の記事へのコメントになるのですが、「運命じゃない人」をたまたま、レンタルDVDで見ました。
案外はまってしまい、ググッてたどり着いたのがこのブログです。まず、イラストにビックリ!公式サイトかと思ってしまいました。このレストランの情景は見たイメージそのものですからね。宮田くんなんてそっくりです。「クラス替えとか学園祭とかないんだからな」のくだりは思わず納得したクチです。もういちど見ると、このシーンの神田くんは大変だったんだ・・・とか想像できて面白かったです。映画が趣味というわけではないけれど、他の素晴らしいイラストを見ていると、その映画が見たくなってきました。(笑)
これからも楽しみにしています。

Kabachan | March 14, 2009 16:05

★okamotoさま

はじめまして。コメントをありがとうございます♪

昔の記事にコメントいただけるの、とてもうれしいです。
運命じゃない人、懐かしくなってわたしもまた見てしまいましたがやっぱりおもしろいですよね!!
BGMのダサさとか、低予算で頑張ってつくった感じも好きです。
神田くんはほんと最高ですね。宮田くんを呼び出すために小声で電話したりレストランのシーンなど、あとの方で爆笑してしまいます。

イラストをほめてくれてとてもうれしいです。イラストを見て映画を見たくなったなんて、なによりうれしい言葉です!
気合い入れて更新しますので、また見に来てくださいね!!

Leave a Comment