[ イラストレーション ]  Archive

ロシュフォールの恋人たち

09-010-1.jpg 南仏の小さな港町ロシュフォールに、旅芸人のエチエンヌ(ジョージ・チャキリス)とビルがキャラバンを率いてやってきました。年に一度のお祭りを前に、街は活気づいています。
街の中心的広場にはイヴォンヌ(ダニエル・ダリュー)のきりもりするカフェがあり、エチエンヌや絵かきの水兵マクサンス(ジャック・ペラン)達の憩いの場所となっています。ロマンチストなマクサンスは、理想の女性像を画廊に飾り、いつかその女性とめぐり合うことを夢見ています。
イヴォンヌの娘たち、ソランジュ(カトリーヌ・ドヌーヴ)とデルフィーヌ(フランソワーズ・ドルレアック)は、それぞれバレリーナと音楽家を目指し、いつかパリに行くことを夢見る美しい双子の姉妹。気まぐれな踊り子が急にやめてしまったことから、エチエンヌはふたりに代役を依頼します。
December 31, 2009 | 14:22  |  ,

エターナル・サンシャイン

01-042-1.jpg 年内になんとかひとつ更新!
タイトルのとおり、今年CSやDVDで見た映画の中でいちばん好きだった映画です。

公開時に賛否両論な意見を聞いたりしてあまり期待していなかったものの、見終わったあとに切ないサントラと劇中の色彩なんかが頭から離れず、結局10回ぐらい見てしまった。
あとからクレジットを見て、原案と脚本がチャーリー・カウフマンと知ってくらっとしました。やられちゃうわけだわー。

イン・ハー・シューズ

01-039-1.jpg 1年ぐらい前にぼろ泣きで見て、また見たくなってDVDを買いました。シャーリー・マクレーンといい、『夕べの星 』(『愛と追憶の日々 』の続編)みたいでした。永久保存版です。

ダフト・パンク エレクトロマ

04-021-1.jpg 人間に憧れる、ダフト・パンクらしき2体のロボットのお話しです。たまたまテレビをつけたらかっこいいクルマが荒れ地を走っていて、そのまま見入ってしまいました。
この映画を観るまでダフト・パンクの実態がよく分からずにいたのですが、フランス出身のロボットふたり組ということです。1999年9月9日にコンピューターのバグで機材が爆発してサイボーグになったらしい(ウィキペディアより)。わたしの25歳のお誕生日だなぁ...。

パリ、恋人たちの2日間

パリ、恋人たちの2日間 『ジュリー・デルピーが監督、脚本、制作、音楽、主演を手がけ...』というので、小走りで観てまいりました。毎度こどもたちをみてくれる人(=だんな)を確保するのが大変ですが、平日の朝っぱらからのんきに映画館へ行ける幸せ、感謝してます。
月曜の朝一番の回だったからか、観客はわたしを含めて10人ちょっとでした。しかもみなさん中年〜老年の方ばかり。よぼよぼのおじいさんがひとり係の人に手をひかれて入ってきましたが、それを見て「わたしも死ぬ間際まで映画館に通うぞ!」と熱く決意したりして。
123