[ January 2006 ]  Archive

ちいさくておおきい

January 31, 2006 | 16:29  | 

ユキライブ YUKI TOUR "joy" 2005年5月20日 日本武道館

ユキライブ YUKI TOUR 行きたくて行きたくて、でもチケットが手に入らず泣く泣くあきらめたYUKIの武道館ライブ。それがノーカットでDVD化されると知り、早くから予約注文して心待ちにしていました。

よく考えると、YUKIちゃんの歌っている姿をちゃんと見たことがありませんでした。いつもPVでかわいく踊っている姿しか知らなかったので、歌っているときのハードな表情(か、かっこいい!)やすさまじい歌唱力はちょっと衝撃でした。実をいうと、今回のアルバムの曲は『JOY』意外あまり好きではなかったのですが、ライブを通して聴くとどれも魅力たっぷりでした。いやー、歌うまい!低音は野太く、高音は澄み切って響き渡ります。このライブは衣装も演出もかなり魅力的ですが、YUKIの歌唱力はかなりの見応え。
ジュディマリの頃はただ明るいだけという印象があり、まったく興味がありませんでした。でも数年前、実家から東京に戻る飛行機の中で『プリズム』を聴き、わたしのハートは射抜かれてしまいました(飛行機の中でヘッドフォンを通して聴く音楽は、センチメンタル効果抜群ですね)。まだ東京の生活に慣れない頃で、どんどん小さくなる景色を見つめながら涙をこらえるのに必死という感じだったのです。今思うと笑ってしまいますが、あの時の複雑な気持ちはプリズムを聴く度によみがえってしまいます。以後熱狂的というほどではないものの、結婚したりママになってどんどん魅力を増していく姿はいつの間にか自分の目標になっていました。

ライブ映像を見始めてすぐ、かなしいニュースを知ってどんより過ごした3月の数日間を思い出し苦しくなりました。そして、チケットとれてたら自分もこの中にいられたはずなのにと思うと、これまた涙がちょちょぎれそうになるのでした。はっきり言って鑑賞1回目はほとんどそんな気分のままだったのかも。
でも何度か観るうちに、本当に楽しそうに歌うYUKIにすっかり引き込まれてしまいました。この笑顔の裏には、想像を超える苦しみや努力やまわりの支えなどがあるんだと思うのですが、1曲1曲歌い上げるYUKIは本当に輝いていて、あんなに小さなからだが武道館を突き破るほどの大きな存在に思えるのです。 ユキライブ YUKI TOUR
1