[ August 2009 ]  Archive

キター!

August 22, 2009 | 10:27  | 
夏休みのことをいろいろ書きたいのだけど、日々の雑用に追われるうちにどんどん新鮮さがなくなっています。花火のこととか。ま、腐りかけても書きますけどね。

20090822.jpg 今日は、長男が小学校のサマースクールで『バターを作って食べよう』というのに参加しています。さっき学校まで送ってって多摩川土手を歩いて帰っていたら、多摩川大橋のど真ん中に中継車が。
240時間マラソンの山本高広です。家を出る前にブランチで川崎あたりを走っているのを見たんだけど、いよいよ東京に戻ってきたんですね。
歩くようなスピードで中継車までたどり着いたあとずっと座り込んでいたので、山本高広の100倍ぐらいのスピードで家に戻り、だんなさんと次男とカメラを持って再度橋へ。タイミング良くちょうど橋を渡っている様子が見られました。絵的にはあんまり美しくないけど、タイムリーでミーハーな画像です。

みんなの声援にこたえたあと、橋を渡ってすぐのスズキのショールームに入っていきました。休むんかいな。スズキ、スポンサーなのかな。もしかしたらまだいるかもしれません。

なんの壁を壊すのかしら?

虫少年

August 3, 2009 | 17:22  |  ,
20090803-1.jpg秋は、ずるい悪魔だ。夏のうちに全部、身支度をととのえて、せせら笑ってしゃがんでいる。

週末は千葉のおうちで過ごしたのですが、1日目の昼間にバーベキューをした後雨が降ってきて、本を読んだりぞうきんがけをしたりしていました。
太宰治の短編を読んでいたら『ア、秋』の一節にずきゅーんとハートを射抜かれました。昔に読んだことあるはずだったけど、外ではひぐらしなんかが鳴いていたし、ちょうどそんな気分だったんだろうなぁ。

こどもたちは庭で虫を見つけては大喜びして、長男はダンゴムシを次から次へ捕獲するので、虫かごに庭の土などを入れてダンゴムシハウスを作ってみました。庭で咲いてる花をさしたり、枯れ葉やセミの抜け殻を入れてみたらとってもおされなおうちになった気がします。
ダンゴムシは4匹ほど入ってますが、思ったより活発に活動しているので、気づくとじーっと見入ってしまいます。土の中に潜っていたかと思うと、小さい花の上に器用にのぼっていたりします。か、かわいい...。
ダンゴムシの飼い方を調べてみると、土と枯れ葉と石ぐらいを入れておけば十分なんだそうです。石を食べるのですって。たくましいですね。
以前カタツムリを連れ帰られたときは空の水槽をしめらせてにんじんなとを入れておいたのですが、翌朝見たら水槽中に無数のう○ちをしていてどん引きしました。食べたら出てくるのは分かってるけど、よほどにんじんがおいしかったのかしら...。

今日は1年生の登校日でしたが、帰宅後お昼ごはんを食べてまた神社に遊びに行きました。いつもはおやつのリュックと水筒をしょって自転車で行くのだけど、今日は虫とりあみとダンゴムシハウスも抱えていきました。元気だこと。
帰ってきたら、ダンゴムシハウスにカマキリが入っていました。カマキリとダンゴムシを一緒に入れてしまって大丈夫なのかしら??長男曰く「カマキリはさっきありんこを食べたよ。だからダンゴムシは大丈夫」らしいのだけど、気のせいかダンゴムシが土の中に潜ったまま出てこないような気が...。
1