[ February 2010 ]  Archive

真央&キム・ヨナ待ち

February 26, 2010 | 11:20  |  ,
20100226-1.jpg 今日は朝から落ち着かず、ご飯の写真などをアップしています。

今日の朝ごはんはベーコンレタスバーガー、さつまいものレモン煮、ネーブル、コーヒー。
パルシステムのハンバーガー用のパンがお気に入りなのだけど、セットで頼むとお得なビーフパティがいまひとつでいつもハンバーグを手作してます。
今日は珍しく、お肉屋さんで買ったベーコンがあったので使いました。ベーコンおいしいなぁ...。

さて。今朝のニュースでは、キム・ヨナの真っ青なコスチュームに目を奪われました。007のときの黒&スパンコールもとても似合っていて素敵だと思いました。彼女は色白なので何でも似合いますね。
真央ちゃんは...また赤かー。と思ってしまった。赤と黒の組み合わせが悪いのかどうか、いつもぱっとしない感じがしてしまいます。デザインもなぁ...。もっと渋い色か単色でびしっと決めるのがいいのではないかしら。練習のときには全身黒ってことが多いけど、黒はとても似合っていると思いました。
ともあれ、19歳にして国民の期待を一手に背負っているプレッシャーたるや...。勝ち負けはどうでもいいから、みなさん練習の成果を発揮できますように。

あぁそうだ。ニュースでチラッと見たスキークロスが超カッコよかったです。一瞬も気が抜けない緊張感が良いです。

食べること

February 24, 2010 | 10:42  | 
20100224-1.jpg 1年ほど前に長男のお茶碗が割れ、続いてだんなさんのも割れて、以来適当なものを使っていたのですが、先日4つまとめて同じお茶碗に新調してみました。
だんなさんの茶碗は大きくこどもたちのは小さく。と思い込んでいたんだけど、よく考えたらだんなさんはいつも「少なめにして」と言うし、わたしはいつも山盛りだし、こどもたちは小さいお茶碗でお代わりばっかりしてるので、「あ、結局食べてる量はおんなじかも」とやっと気づいた次第です。

新しいお茶碗はとっても素敵です。ご飯の時間がより一層楽しみになりました。
お茶碗はD&Dで買ったのだけど、ついでにずっと気になっていた懐かしの学校給食用先割れスプーンも買ってみました。1本157円ですよ。2本買ったのですが、こどもたちに大大好評です。
少し前に小学校の給食試食会に行って気づいたのですが、いまは先割れスプーン使わないのですね。洋食の時はちゃんとフォークとスプーンで食べるんだそうです。先割れスプーンほど便利なものはないってこどもながらに思っていたけどなぁ。わたしもこどもの時におうちで使ってみたかったです。

春も近い冬の日

February 20, 2010 | 22:28  | 
20100220.jpg 昨日の月は赤くて、なんだかチェシャ猫の口のように見えました。長男は「おつきさまはおなかが減りすぎて寝てる」と言っていた。

ここのところはだんなさんが土日なしなので、天気が良かろうが悪かろうが家でゴロゴロの週末です。先週は薄曇りの中多摩川を散歩して図書館まで行きました。しかしバッグを忘れてしまったのでなんにも借りられず。
昨日はだんなさんがいたので次男を任せて、長男が学校へ行ってる間にひとりでお出かけしてきました。ひっさしぶりのひとりの時間、楽しかった。電車の中で太宰治の『盲人独笑』を読んでいたのだけど、面白すぎて完全ににやけてました。「もうじんもゆめは見るわい...」のくだりが好きすぎて何度も読んでしまいます。
白金台のサリースコットで店員さんと話していると「さっきまで皆川さんが店内を見て回ってました」と言うので、電車に数本乗り遅れたことを心底悔やみました。いつかは会えるかしら。
だんなさんと次男は、横須賀で空母を見てきたようです。最近はしょっちゅうふたりでお出かけして電車や船に乗りまくっています。

今日はベルの散歩と、洗濯と布団干しと玄関トイレ窓の結露その他もろもろの掃除をして力尽きました。たまに晴れるとあれもこれもとなるのだが、それが家事ばっかで主婦ってなんだかなー。お昼には巨大なお好み焼きを焼いて食べました。

明日はなにしようかなー。

お寺暮らし

February 9, 2010 | 15:20  | 
20100209-1.jpg 昨年から、なんとなくさえないことばかりの我が家。なんとか気持ちを切り替えたくて、だんなさんのおじいちゃんのお墓参りに行ってみました。
時間がなく平日になってしまったので長男が一緒に行けなかったのだけど、お天気も良くて幾分気持ちもすっきりしました。

次男を妊娠中に一度法事で来たことがあって、ずいぶん立派なお寺だわーと思っていたのだけど、やっぱりとても大きくて立派なお寺でした。総持寺というところですが、石原裕次郎のお墓もあったりして、わたしたちが行った2日前には石原軍団やデヴィ夫人が豆まきをしたようです。
1