[ September 2010 ]  Archive

映画『トイレット』の餃子

September 29, 2010 | 18:16  | 
20100929-1.jpg 先日、長男も連れてりえさんと『トイレット』を見に行きました。
映画はちょっとウェス・アンダーソン風味で(長男レイがジェイソン・シュワルツマンみたいだった)、ややどすの利いたばーちゃんも良かった。長男はところどころ字幕が読める程度だったと思うけど、エアギターや日本のアニメのシーンなどで反応していて、あとで感想を聞いたらおもしろかったそうです。今後、わたし好みの映画を息子連れで行けるようになると楽しいな。

で、トイレットを見た数日後、パンフレットに出ていた飯島さんのレシピで餃子を作ってみましたよ。

赤い車

September 27, 2010 | 18:14  | 
20100927-1.jpg 今年はお誕生日を過ぎてからたくさんプレゼントをもらいました。
母からは本、妹からはバッグ、ほんでだんなさんからはコンパクトデジカメをもらいました。うれしや。
デジカメはSIGMAのDP1sです。新しいのが出たので安かったそうですが、ものすごい駄作でありながらオタク好かれしている、いかにもだんなさんの好きそうなカメラでした。ちょっと使った感じでは、動作がありえないぐらい遅いくせにバッテリーが数時間しか持たず、「全然撮れない」といった印象です。しかしながら、撮れた写真はなかなか楽しい。赤が鮮やかで、細かい部分まではっきりと写ります。

きれいなお母さん

September 11, 2010 | 17:59  | 

おおかみと七ひきのこやぎ:グリム童話, フェリクス・ホフマン (絵), せた ていじ (訳)

20100911.jpg里帰り中、おばさんの家で読んだ絵本。

グリム童話なんてこども以来、とんと縁がなく、読みながら「あ、この話なんか知ってる気がする!」と言ったら笑われました。「当たり前でしょ」だって。そうですよねー。
こういう昔からのおはなしも、子どもたちに聞かせてあげなくては。

おばさんが「このやぎのお母さん見て!立ち姿がめっちゃ上品やろ!」と言っていたのですが、確かにものすごく品があってきれい。
東京に戻ってからもその立ち姿が忘れられず、自分のお誕生日プレゼントとして買ってしまいました。
本屋でこの本を探していたとき、同じ本がいろんな出版社から出ているのを見ましたが、この本の絵ほどきれいでおはなしにぴったりくるものは他にありませんでした。繊細な線画や渋めの色調がほんとうに綺麗です。

それにしても上品な立ち居振る舞いとは裏腹に、おおかみのおなかをじょきじょき切り開く勇敢なお母さん。
おばさんがいとこのしんちゃんに初めて読み聞かせたとき、最後の「おおかみ、しんだ!」のところを威勢よく読んだら、しんちゃんはおおかみがかわいそうで号泣してしまったそうな。なんてかわいい。
うちの子たちにもできるだけ大きな声で読み聞かせてみたけど、まったく動じませんでした。

サブロク

September 10, 2010 | 15:24  |  ,
20100910-1.jpg 「オバハンいやや思うけど、お誕生日OH!めでとう!」という素敵なデコメをもらって、オバハン36歳になりました。
思いがけずまたまたたくさんのお祝いメッセージをもらって、やっぱお誕生日っていいなーとしみじみしてます。
長男も朝一番に「ママ、お誕生日おめでとう」と照れ気味で言ってくれてすんごくうれしかったぁ。学校から帰宅後に手足の長くてやけに小顔のはながっぱ(頭にハート型の花付き)の絵を描いてくれました。

にっき

September 2, 2010 | 12:52  | 
20100902-2.jpg ハードな夏休みの終わりと新学期の始まりを、なんとか乗り越えた今日この頃...。
去年の自由課題はつづきの国の地図に続いて『ぼくのちず』というのを作りました。
今年はなにか新しいことに挑戦させようと思いつつも、遊び倒してアイデアを練る時間がなくなり、結局去年と同じような作品になりました。題して『くねくねにっき』。
先生に見せたら「なんじゃこりゃ」と言われたらしい...「またワケのわからんパターンのやつや」と思われたことでしょう。
1