[ いい音楽 ]  Archive

DocumentaLy

November 4, 2011 | 12:23  | 

DocumentaLy:サカナクション

20111104-1.jpg気付けば、常にサカナクションの動向をチェックするようになっていた。もうずっと、ただ心地良く聴き流せる音楽だけで満足していたので、こんなにどっぷりはまり込んでしまって自分でもおそろしいぐらいです。
いつもはささっとiTunesStoreで買うのだけど、実は『バッハ』の時にはCDにライブの先行予約券がついていたというのを後から知ってかなりへこんだりして。
だから今回のアルバムは発売前から予約待ちまでしたのだけど、待ち焦がれてやっと届いたCDは無情にもケースが粉々に砕けていたのでした。ケースぐらいと思ったけど、ディスクの出し入れができないぐらいの損傷だったため、一度も聴かないまま泣く泣く返品交換の手配。こんなこともあるのね。なんだかこんなことが多い気がする今日この頃...。

夏休み お昼ごはん

20110728-1.jpg この時期になると断然増える検索フレーズ(笑。
みんな困ってるんだなぁと思うとちょっと安心します。

昨日はぶっかけうどんにしました。夏休みのお昼としてはこれ以上ないってぐらい、簡単で美味しいメニュー。温泉玉子ならぬポーチドエッグ、かつおぶし、トマト、しょうが、みょうが、のり、レモンで豪華全部のせ。長男はしょうがみょうがなし。次男はトマトしょうがみょうがなしでした。
ぶっかけうどんはゆでたおうどんを冷水で洗ってもいいのだけど、あったかいままでもおいしいです(通称ぬくいぶん)。こないだファミレスでざるうどんを食べたら、きんきんに冷えたうどんで味が全くしませんでした。あれはかなり悲しかった。冷やし過ぎには要注意だ。と学んだ出来事。
今日はカップヌードルを食べました。月に1回ぐらいはどうしても食べたくなってしまいます。カップヌードルと一平ちゃんだけはやめられない。

春色

March 23, 2011 | 12:03  |  ,
20110323-1.jpg どんよりした中をふわふわ漂うような日々を過ごしていましたが、ふと見上げるとこないだまでただの茶色だった木々に、無数のつぼみが春仕度をして待っていました。 3月のはじめには雪もふっていたというのに、ぼんやり余計なことばかり考えてる間に。

一目惚れしたリネンの生地でブラウスを作りました。パターンはconoriのプチコブラウス。
袖口がとても簡単で助かりましたが、すてきすぎる襟元の雰囲気と合わない気がして、あとから無理やりボタンを付けました。

小倉のおすすめ

December 28, 2010 | 17:19  | 

A Triumph for Man:Mew

20101228-1.jpgクリスマスイブの朝、特ダネのオープニングトークでおすすめされていた、デンマークのバンドです。
小倉さんはほんとに聴いてるのかどうか知らないけど、「笠井くんなんかはこんな人たち絶対に知らないでしょ」なんてはたから聞いててもむっとしてしまうふりもさることながら、ちょこっと流れた曲がいつもの小倉ゴリ押しの音楽と全然違っていて興味がわきました。試聴したらとても良くて、ついアルバム買い...音楽と本はどうにも我慢がききません。
9曲目がクリスマスソングらしいのだけど、それほどクリスマスっぽくもなく、全体的にとてもいい感じです。ボーカルの声とか、誰かにものすごく似ているんですが、よく知らないまま聞いているアルバムが沢山あってよく分からず。Pete YornのようなPhoenixのような、違うような...。

Voff Voff:Eberg

20101228-2.jpgでもたぶんこれだと思います。
ジャケットを荒井さんが描いているというので買ってみたアルバム。
自身の歌声を高音に加工していたり、とても可愛らしいキラキラしたサウンドです。
Ebaegはアイスランドのソロアーティストで、同じ北欧の音楽なのですね。いくつになってもこの雰囲気に弱いです。

2010年の音楽

December 27, 2010 | 18:13  | 

アイデンティティ:サカナクション

20101227.jpgこの1年は、ほぼフジファブリックとサカナクションばかり聴いていました。サカナファブリックというプレイリストをつくって、それを飽きもせずに延々リピートしておりました。幸せだったな。
特にサカナクションは、はずれの曲がひとっつもない。どの曲も大好きでエンドレスで聴きすぎたせいか、曲と曲との境目が分からなくなってます。
アイデンティティもホーリーダンスもやはり大好きになったけど、どれが一番好きかと言われたら、迷わず「kikUUikiの表参道26時!!!」と答えてしまう2010年の終わりであります。

モテキ終わった今...

October 10, 2010 | 22:42  | 

MUSIC:フジファブリック

20101010.jpg夏の帰省の際にあっちでもこっちでも話題になっていた、テレ東深夜ドラマ『モテキ』。もうとっくに終わっちゃいましたが、いまでも金曜の夜になると意味もなくそわそわしては「あ、終わったんだった...」としょんぼりしております。

モテキにはまるきっかけになったのは、友人のオマツさんが「主題歌は我らがフジファブリック!」と教えてくれたからなのですが、この曲はボーカルの志村さんが亡くなったあとにリリースされました。
次のアルバムのためにつくっていたのか、これまでのアルバムからもれた曲だったのかはわかりませんが、メンバー渾身の10曲です。特に1〜5曲目の流れとラストの『眠れぬ夜』は聴けば聴くほどしみてきます。胸がいっぱい。ボーカルが仮の録音なのか荒削りな歌声ですが、そこがまたすてきです。
モテキの主題歌は2曲目の『夜明けのBEAT』ですが、かなりパンチ効いてます。

ちなみにモテキエンディングテーマはHalf-Lifeの『J-POP』でしたが、これも毎週聴いてるうちに愛着がわいて買ってしまいました。その他神聖かまってちゃんとか大江千里とか橘いずみとか、今週のモテ曲は毎回すごかったー。DVD、買うかな。

ユレテルユレテル

March 18, 2010 | 11:06  | 

kikUUiki:サカナクション サカナクション - kikUUiki

20100318-1.jpg 今年のあたまから、ほとんどフジファブリック聴きっぱなしだったのだけど、iTunesでフジファブリックを試聴する度におすすめされていたサカナクション。クシャミした魚のような名前が次第に気になって、試しに聴いてみたらこれがまた。
1曲ずつ買っていて気づいたらアルバム全曲買ってしまってた(割高)、ということが度々あるので、視聴しまくってしまくって『GO TO THE FUTURE』をアルバム買いしたらもーめちゃくちゃ良かった。その後、いちばん新しかった『アルクアラウンド』も聴いてみたのだけど、これがまたまた。どうにも不思議な曲で、聴き終わるとどうしてもリピートしたくなってしまいます。

そんなでここ1ヶ月ぐらいはほぼサカナクション漬けだったんですが、昨日5回ぐらいアルクアラウンドを聴いたのち、いかんいかんこのままでは魚になってしまうとradiko.jpでJ-WAVEを選局したところ、なんと流れてきたのはアルクアラウンドドなのでした。もー魚になってもいい!(それにしてもradiko.jpは最高だ)
サカナクションは、ちょうど新しいアルバムを出したばかりでゲストでした。男女が入り交じったバンドということぐらいしか知らなかったけど、しゃべってた人はとても頭が良さそうだった。で、新しいアルバムの話を聞き終わるか終わらないかでkikUUikiはすでにダウンロード完了でおます。手軽すぎて怖い。

kikUUikiとは『汽空域』のことで、『汽水域』からきた造語だそうです。汽水域というのは海水と淡水が混じった水域のことで、汽空域も空気が入り混じった空間のことらしい。そういうあらたまった説明よりも、イントロの汽空域を聴くとなるほどなぁと思いました。
アルバム全体の曲の構成が、聴いているとまるで映画を1本見ているような感覚でした。後半になるにつれどんどん盛り上がっていくような感じ。こういうアルバムに出会うと、「あぁ得した!」と思います。
時折ズキューンと胸を射抜かれるような歌詞もすばらしい。『表参道26時』と『目が明く藍色』が特に好きですが、目が明く藍色の「立ち止まってるだけの僕らしさなんて すれ違っていく人は気づくはずもないんだ」なんて、もう泣きそう。しばらくはどっぷりはまるしかないなぁ。

たたたったらったらったた

January 23, 2010 | 21:31  | 

銀河:フジファブリック 銀河

20100123.jpg先月、フジファブリックのボーカル志村正彦さんが亡くなったとニュースで知りました。わたし、恥ずかしながらフジファブリックという名前すら聞いたことなかったのですが、その後気になっていろいろ視聴しているうちに、いつの間にかファンになっちゃったみたい。
iTunesで人気のあるものから適当に選んで買ってるんですが、どれもかっこいい。繊細で独特の世界観を持った歌詞と野太いギターの音、昔のロックみたいです。志村さんの声はなんだか浜省に似てる気がするんだけど、どうですかね。
それで、気づくと18曲ほどのフジファブリックリストができててくり返しくり返し聴いてる日々ですが、この曲は特についついリピートしてしまいます。すごい躍動感で、椅子に座ってても中腰になって踊ってしまいそう(みっともない)。さびのとこなんか、ライブで見たら失神するかも。
だけども、もうライブで見ることはできません。なんて非情な。こんなに才能にあふれた人がこんなに若くして亡くなってしまうとは。
今更わたしにできるのは、彼の残した曲をひとつ残らず聴くことぐらい。全部聴いてやるー。そして今後のフジファブリックにも期待したいです。

2009年ベストサントラ

December 31, 2009 | 15:39  |  ,

Eternal Sunshine of the Spotless Mind

20091231.jpg映画『エターナル・サンシャイン』のサントラであります。きゅんとくるテーマソングをBeckが歌っていたり、全体的にとても好きです。
最近の好きな映画はたいていサントラも買ってしまいます。サントラさえ良きゃ良い映画のような錯覚さえ起こしてしまいます。

なぜか輸入盤を紹介してしまったけど、国内盤もあります。だけど、輸入盤の方がお買い得ですよね。わたしはこちらを購入しました。

さて。今年ももうすぐおしまいですね。わたしは今年書き残したことを少しでも片付けたくて、年末にかけていつになくたくさん更新してみました。映画の方も更新しています。はー。なんか満足。

今からだんなさんの実家で忘年会です。みなさん、良いお年を!!

どうしたんだい

May 2, 2009 | 23:42  | 
キヨシローが亡くなったというニュースを聞き、がっくりきています。
大ファンというわけではないけど、日本を代表するかっこいい男だと思います。もう一度自転車で走り回って欲しかったな。とても残念です。



Youtubeといえば、ここ数日マイミクちゃんの影響でオザケンを見まくっています。とくにこれ。わたしのオザケンは『犬は吠えるがキャラバンは進む』でとまっていたので、こんな曲があるのを知りませんでしたが、胸きゅんです。
「メロディイ〜♪」のとことか、歌ってる表情がたまらず、ほんとにいちにち何度も見てしまいます。なんとか音源を入手したいのだけど、amazonやヤフオクでシングル盤が普通に1万円とかして泣きそうです。仕方ないので、昔売ってしまった『犬』を中古で買い戻すことに。

123